メニュー

当院の特徴

患者様の声に耳を傾け、分かりやすいご説明をし患者様に納得して頂く医療を心がけます。

診療科目

  • 整形外科
  • リハビリテーション科
  • リウマチ科
  • スポーツ整形
  • ペインクリニック(エコーガイド下神経ブロック・筋膜リリースなど)
  • 抗加齢医学
  • 肥満外来
  • 生活習慣病外来
  • 禁煙外来
  • 睡眠時無呼吸症候群外来

診断

骨塩量測定器(DEXA)で骨粗鬆症の進行度を定量的に診断できます(1分)。

最新の血管脈波伝導測定器で動脈硬化の程度(血管年令)を定量的に計測できます(CAVI:Cardio Ankle Vascular Index.およびABI:Ankle Brachial Index ,4分)。

この検査で異常があった場合には、マルチスライスCT或はMRAによる立体的血管描出検査を協力医療機関に申し込み、これにより血管病変は一目瞭然に診断できます。

平成17年4月に超音波検査器機(エコー)を導入し、整形外科疾患の詳細な診断に大変役立っています(筋肉、腱、関節内、腫瘤、神経などを診ることが出来ます)。スポーツ整形外科でも、肉離れ(筋肉部分損傷)、靭帯損傷、肩腱板損傷、野球肘、オスグッド病などなど多くのスポーツ傷害・障害の細やかな観察、診断を行っています。最近のスポーツ整形外科のトピックです。

私が野球を中心とし、陸上、サッカー、水泳など多くのスポーツを積極的にしていたこともあり、より細やかなお話しが出来ます。さらに、頸動脈エコー検査、深部静脈血栓症エコー検査も行っており、全身の血管の状態を詳細に知ることができます。またCT・MRIは市立川西病院、協立病院などに依頼し、ご説明、診断は当医院で行います。
1年間に200例強のMRI検査を行っています。

治療

大きな手術以外の保存的な治療の最先端を追求します。
一般的な整形外科で行われている受動的リハビリテーション(ホットパック、低周波、干渉低周波、パラフィン浴、牽引、メドマー、レーザー、キセノン)のみでなく、能動的リハビリテーション(ストレッチング、有酸素運動、筋肉トレーニング)による積極的なリハビリテーションを行い、長期的な展望に立ち根本的な治療、予防を行います。
糖尿病、高血圧、高脂血症、動脈硬化、虚血性心疾患等の生活習慣病の方に対する有酸素運動、アシスタントによる丁寧な運動指導、介助を行っています。

またパワーリハビリも積極的に行っており、体全体の弱りつつある高齢者のみでなく運動器症候群(ロコモティブシンドローム)フレイル(虚弱)、20才から60才の方の健康管理、40才から60才の方の生活習慣病治療、予防には最適のリハビリクリニックです。

3名の理学療法士による理学療法(専門的な運動器リハビリテーション)は毎日行っています。(予約制)

パワーリハビリとは単なる筋トレではなく、神経・筋協調システム、呼吸器・循環器(心臓、血管)、柔軟性を賦活化するにとどまらず、さらに脳も活性化します。体への自信からアプローチし、行動変容を目指します。

大きな手術が必要な場合には関西労災病院、大阪厚生年金病院、 大阪大学附属病院、神戸大学附属病院、市立川西病院、ベリタス病院などにご紹介致します。
セカンドオピニオンをご希望の方はご遠慮なくお申し出下さい。
レントゲン、MRIなどの資料を添付し紹介状をご用意致します。病院にというよりは、それぞれの疾患の専門医に適切に紹介させていただきます。

※管理栄養士(3名)による栄養教室を毎日行っています。

平成13年から肥満外来を始めています。私自身が82kgから62kgにまで減量を行いその重要性を実感し、整形外科的疾患(膝関節痛、腰痛)だけでなくあらゆる病気の元凶である肥満、生活習慣病の改善を目指しています。多くの方が、減量することにより整形外科的疾患はもちろん、減薬、服薬中止等改善しています。2003年から2017年の15年間に約3000例行い、約3人に2人は成功しています。

※マッサージも行っています。ご希望の方はお申し出下さい。

※図書コーナーには医療に関する新しく、分かりやすく、面白く、役に立つ本を随時購入しております。
 貸し出し致します(2週間)。

※年に1回、兵庫県サッカー協会の指導者の為の研修会講義(スポーツ整形外科)を担当しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME