メニュー

院長紹介

略歴

  • 昭和57年(1982年)国立徳島大学医学部医学科卒
  • 同大学整形外科学教室に入局研修(1年)
  • 高松赤十字病院(1年)600床
  • 香川県三豊総合病院(2年)600床
  • 大分中村病院(1年9ヶ月)300床
  • 国立高知病院(1年3ヶ月)300床
  • 徳島大学医学部付属病院(2年6ヶ月)に勤務。
  • 平成3年より平成8年10月までの5年間、三田市にある国立病院機構兵庫中央病院(500床)整形外科医長(科長)・理学診療科医長・副医局長として勤務。
  • 平成8年12月に当院を開設。23年目です。

所属学会・資格

  • 日本整形外科学会認定医
  • 日本リハビリテーション医学会認定医
  • 日本整形外科学会スポーツ認定医
  • 日本整形外科学会リウマチ認定医(日本リウマチ財団登録医)
  • 日本抗加齢医学会評議員
  • 日本骨粗鬆症学会会員
  • 日本肥満学会会員
  • 同志社大学アンチエイジングリサーチセンター研究員(米井嘉一教室)
  • 日本マスターズ陸上選手(100m・200m・走幅跳)
  • 公益社団法人日本マスターズ陸上競技連合 普及広報部長

趣味

スポーツ特に野球。小・中・高(県立明石高校硬式野球部)・大学(医学部準硬式野球部)・職場と常にプレイしてきました。
ジョギング、テニス、水泳、スキー、コンピューターも好みます。
ハーフマラソン、フルマラソンに加え、平成15年からマスターズ陸上(100m、200m、走幅跳)にも出場しています。

平成16年6月20日近畿マスターズ陸上競技選手権大会(大阪服部緑地陸上競技場)において、100mは13.31秒(5位)、200mは28.31秒(5位)、走幅跳は5m40cm(3位)でした。

平成17年7月24日の近畿大会で100m12秒90を記録しました。
また平成17年8月28日 全日本マスターズ大会では200m27秒40と記録を更新しました。

100歳時での100m、200m走り幅跳び出場及び、フルマラソン完走を目指しています。

2014年4月より公益社団法人となった日本マスターズ陸上競技連合の普及広報部長に任命され、国民スポーツ普及を目指して「競争」から「共走」の哲学を広めていきたいと思います。

鍛えるという発想では無く、軽くゆっくり調整するという考え方です。

 2018年12月宝塚ハーフマラソン大会にスタッフ12名と参加しました。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME